表札の意味

知っておくべき表札のかけかた

表札にはさまざま意味が込められていたりします。
そういったことから表札の掛け方にはいくつか注意すべき点があるようです。
表札の掛け方の基本としては、男性は向かって左側、女性は向かって右側にかけるというのがあるそうです。
右側、左側でも意味合いが異なるようで、家の主人の名前を掲げるのに、右側が西洋型、左側は東洋型といったルーツがあるようです。

向かって右側に表札をかける場合には、妻の人格を尊重し、何でも話し合う夫婦になる、といった意味合いがあります。
主人がワンマンなタイプの家庭には、右側にかけるのが良さそうです。
逆に左側にかける場合は、主人の運気が強くなり、積極的に仕事をするような傾向といった意味になります。

夫婦で2枚の表札をかけるパターンもあります。
基本的には主人の表札をかけるのですが、妻が仕事をしているなど表札を掲げる必要がある場合などに利用されます。
この場合は左に男性、右に女性というのが望ましいです。
逆に掲げた場合、夫婦仲が不和になるという意味になってしまいます。
親子二代、三代で表札を掲げる場合、左側から順に親、子、孫といったように並べてかかげるのが良いそうです。
表札の素材なども比較せず同じタイプのものにするといいです。

表札がないという家は、その家屋にお守りが無いということになります
。 住む人の生気や家運が衰退していくという意味になるので注意が必要ですね。
また紙に書いたものや名刺を貼ったような表札もよくありません。
生活に安定が無く、仕事に身が入らないなど、大凶の相になるそうです。
自分で書いた表札の場合は、自己中心的で我を通すといった意味合いがあり、社交性や協調性に乏しく、また人との調和を欠くといった意味合いになります。
家族や夫婦など2人以上で掲げる場合は、運気を打ち消さないように主人は別に掲げるといったこともひつようだそうです。世帯主が変われば、表札も新しくするのがいいとされます。

あまり過信しすぎるのもよくは無いですが、新しく表札をお考えであれば参考にしてもいといいかもしれないですね。