会社の表札

表札で企業イメージを上げてみましょう

会社のオフィスにある表札ですが、やはり会社の顔になると言うことで素材やデザインにもちょっと豪華にしてみたいですよね。

素材はステンレス、ガラスアクリル、アルミなどが多いでしょうか。
ガラスアクリルが見た感じおしゃれに見えますが、どちらかと言うとオフィスビル内の表札のイメージが強いかもしれないですね。
屋外だと雨風にさらされるのでガラスの汚れなど気になってくる可能性がありますね。
ガラスと言うことで透明感があり清涼感や清潔感を与えることは出来そうですね。

屋外と言うことならステンレスやアルミが屋外向きでしょうか。
ステンレスはサビにも強く耐久性にも優れているので、法人から公共施設などにも幅広く見ますね。
コストもガラスアクリルのものに比べても安くで出来そうです。

デザインは会社のロゴを入れるのがかっこ良く見えますよね。
オフィスビルなどを訪れた際に会社名が書いてあるボードのところに、普通の一般的な印刷の文字が入っている表札の中にロゴが入っていたら目立ちますしね。
ビルによってはロゴのある企業は表札にロゴを出しているところが多いですね。
ロゴと言う物は企業の顔やイメージと言えるので、同じく会社の顔になる表札にもプリントされていると表札からも企業イメージをアピール出来ますよね。
老舗の会社の表札ならそれに合わせて銅の表札を使って少しレトロにデザインされていたりもします。
表面は錆のコーティングが施されており、アンティーク感を醸し出しています。
古くから歴史のある会社ならこう言った加工の表札のデザインから古き良き企業と言うイメージを与えられるので良いですね。

表札にはさまざまな素材やデザインがありますが、会社の歴史や文化を反影させると面白いですね。
表札で会社をアピールすることで訪問者や通りすがりの人にも会社を印象づけることができそうですね。
街を歩いた時にでも一度会社の表札に目を向けてみるのはいかがでしょうか、きっとさまざまな表札を目にすることでしょう。
そしてその会社の企業イメージを感じ取ってみて下さい。